冷えの原因と解消法

こんばんは。 
LAPI HOLI-ラピホリをご訪問いただき、
ありがとうございます。 

立春とは名ばかりで
寒い日が続いておりますが
いかがお過ごしでしょうか。

特に女性は『冷え』から脱却し、
体を『温』へ導きたくなりますよね。

皆さんは入浴時、湯船に浸かっていますか。
もし、湯船に浸かって体を温めているのにも関わらず
冷えが緩和されないようであれば、
『リンパが詰まっている』のかもしれません。

何故、リンパが滞るのか。

①体内水分量の減少

寒いと“水分”摂取量が減る事で、
必然的に血液がドロドロになり、
血液循環も悪くなります。

②筋肉量が少ない

リンパは体内で不要になった老廃物や
疲労物質を回収して運ぶ役割りがある中で、
リンパ管は『運ぶ=ポンプ機能』が
備わっていないため、周りの筋肉の収縮で
ポンプ機能をはたしています。
その為、鍛えていらっしゃる方は別ですが
筋肉量が少ない女性は、滞りやすく、
冷えやむくみの悩みが出やすいのです。
この悩みが、男性より女性に多いというのは
『筋肉量の差』という事が言えます。

人の体は、何もしなくても汗や尿等で、
1.5㍑〜2.3㍑の水分が排出される為、
水分摂取を1.5㍑以上は心掛けましょうと
言われることに納得がいくと思いますが、
何故なのでしょう。

体内の水分は
1ヶ月で新しい水分で入れ替わります。
これは日々1.5㍑〜2.0㍑飲んでという話で
容量に達していない場合は、
全てが入れ替わる事ができず、出来ても少量。
よって血液状態が悪く、滞るのです。

モデルさんがお水を飲み、
ジムで体を鍛えるというのは、
理に適った行動というわけです。

そして、水分より難しいのが筋肉量。
今日、明日で筋肉がグッと増えたら
何の問題もありませんが、
筋肉を代用できるものが
『マッサージ』になります。

外からマッサージという『圧』で、
筋肉の代用をし、
老廃物を流す手助けをするのです。

そこでオススメなのは
浴槽に浸かりながらの
『ストーンマッサージ』

体温上昇、代謝が良くなった入浴時に、
ストーンを使って、しっかり解しながら
リンパの流れを整える!老廃物を流す!
が簡単に行えます。

発汗した分、水分補給もしやすく、
一石二鳥。

そして、時にはプロの手を借りるのも
必要なことだと思います。
自分では“しっかり”が
なかなか出来なかったり、
上手く解しや流しが出来てなかったり、
溜めてしまうのであれば
まずはプロに身を任せて、
リセットを。

ちょっとした習慣や心掛けで
冷えとむくみに
さよならしてみませんか。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。