Wellness Report No.3【入浴について】

こんにちは。
LAPI HOLI-ラピホリをご訪問いただき、ありがとうございます。

「おうち時間」が増えた方も多いのではないでしょうか?

そんな今だからこそ、自身の身体と向き合う、自分のライフスタイル考え変化させるきっかけとして「健康を取り戻そう」をテーマに色々な角度からお届けしております!

本日は「入浴」について。

【目次】
1.免疫力を高める「入浴」法とは?
2.タンパク質はなぜ重要?

3.ヒートショックプロテインを増やす具体的な方法とは?



1.免疫力を高める「入浴」法とは?
 

前回、ご紹介させて頂きました「睡眠」とも深い関係にあり、質の良い「睡眠」にも大いなる影響を及ぼしている「入浴」。

今回は、さらに「入浴」を掘ってみようと思います。

「入浴」は自分自身の身体に備わる治癒力や抵抗力、外部・内部を守る力「免疫力」を高める為に効果的な方法でもあるとお話しましたよね。疲れて、面倒くさくてシャワーでチャチャッと終えていた方も、多忙を理由に「入浴」の優先順位が下がっていた方も、是非、おうち時間が増えた今だからこそ試して頂きたい「入浴」方法をご紹介します!

それは・・・

耳にした事がある方もいらっしゃるかもしれませんが、 「ヒートショックプロテイン(HSP)入浴」法です。
なんか凄いインパクトのある名前ですが…笑

ヒートショックプロテイン(HSP)とは・・・ 
私達の体には、細胞の中で傷んだ細胞を修復する働きをもったタンパク質「ヒートショックプロテイン」を生み出す力が備わっています。 
熱めのお風呂に入ったり熱を当てるといったことで、生まれることからこんな名前がついているんです。
自分自身でヒートショックプロテインを増やし、自己回復力を向上させる事で、病気の予防=免疫力を高める・免疫細胞の働きを強化する事につながり、身体の中から自身のサポートをしてくれる健康体に導く優秀な存在なんです! 

ヒートショックプロテインって、プロテイン、、、タンパク質?
「入浴」の話なのに、ここでタンパク質?!

2.タンパク質はなぜ重要? 

では、何故、タンパク質がそんなに重要なのでしょうか?! 

そもそも人間の体は水分と脂質を除くとほとんどがタンパク質で出来ており、筋肉も水分を除くと80%近くがタンパク質で出来ているんです。 
その大部分のタンパク質なんですが、デリケートな性質な為、ストレス、疲労、加齢、紫外線など、日常生活におけるさまざまな原因により傷ついてしまいやすいんです。
体の大半が反応してしまうって考えると、タンパク質を大事にしないと!ってなりますよね。

普段、私達は、お肉やお魚、大豆など食べ物から摂取してタンパク質を摂ります。
そのタンパク質は体内でアミノ酸に分解・吸収され、体を動かす収縮タンパク質、栄養や酸素を運ぶ運搬タンパク質、カルシウムを結合する結合タンパク質、そして今、注目すべきは免疫機能を掌り、体を守る防御タンパク質など、、、、それぞれ独自の働きを持って体の中で働いてくれます。
細かな体の部位で言い換えれば、筋肉・内臓・皮膚・髪・歯や骨、等、体のどの部分をとってもタンパク質が存在しているので、生命にとって欠かせない存在なのです。
まさにタンパク質は私達の体のもっとも基本となる成分であり、健康な体づくりに欠かせないもの!という事が解ります。 

筋肉もほとんどがタンパク質で合成されている事から、日常生活だけでなく血液循環、心拍、体熱発生、姿勢維持等、生命活動を保つ基礎代謝を維持する身体機能、生命活動にも関わっているとも言えます。
因みにタンパク質は英語でProtein、ギリシャ語で「第一人者」という意味を持つことから、このネーミングに思わず納得です。

タンパク質はそれくらい大事な要素なんですね!

そして、そんな重要な存在=傷ついてしまったタンパク質を修復し、元気にしてくれるのがヒートショックプロテイン(HSP)なんです! 
まさに体の中の救世主!!

では、そんな素敵な救世主が、どうしたら体の中に出てきてくれるんでしょうか!?



3.ヒートショックプロテインを増やす具体的な方法とは? 

この救世主、ヒートショックプロテイン(HSP)を増やす「入浴」法とはどのようなものなんでしょうか?! 

【40℃のお湯に20分間浸かる事】 
※41℃は15分、42℃は10分 

たったコレだけなんです! 笑

これは、熱ストレスで効果的に最大限に、ヒートショックプロテイン(HSP)を増加させる事ができるメカニズムを利用した「入浴」法です。 
「睡眠」の質を良くする為の「入浴」が「40℃のお湯で15分浸かる」という事でしたから、5分長めに「入浴」する日を週に1~2回作ってみる事をオススメ致します。 
「睡眠」の質向上の「入浴」と原理は同じ、深部体温を上げるという事です。 
そしてもう一つは「入浴」後にあります。 
体の水分をしっかりふいて、体を10~15分間は保温し、体温を37℃以上保つ事を忘れずに、湯冷めは禁物です! 

例えば、水曜日と土曜日はヒートショックプロテイン(HSP)の日、残りは「睡眠」の質を良くする「入浴」法にしたりするのもいかもしれません。 
どちらも免疫力が高まる「入浴」方法ですから、結果的に毎日少しずつ健康を取り戻していく事につながりますね! 
余談ですが、ヒートショックプロテイン(HSP)は、体のだるさや疲労感・首肩のコリにも繋がる乳酸の発生を遅らせる働きもあるので、スポーツ選手はこの原理を活かし、体調コントロールをしている事もあるようです。 
ほかに、新鮮な酸素や栄養を運び老廃物を取り除く役割の血管の働きが良くなる=血行促進も免疫力の向上へ繋がります。 
首・肩コリ、むくみの解消、ストレス緩和にも繋がるので、おうち時間が増えた今、習慣の中に取り入れるチャンスです! 

「入浴」のタイミングや方法だけで、体のメンテナンスができてしまうなんてお手軽すぎませんか!?

そして、さらに!
美容にもいいと言われていますよね!


以前、ご一緒したヘアメイクさんが「綺麗なモデルさんや女優さんに共通して言えるのは“入浴”。15分ぐらいでいいのでお風呂に浸かり、体の中から出る分泌液=汗を流しながらクレンジングで落ちきれなかったメイク汚れや肌のくすみの原因である皮脂を汗と一緒に流してあげて欲しいです。
このちょっとした時間が、ニキビや肌荒れ防止に繋がるので、是非、お風呂に浸かる事をしてほしい」と言っていたことを思い出しました。 

一日の時間からしたらとても短い時間で、身体にも美にもいいことばかりの「入浴」をやらない手はありません!

「入浴」は身体と心に与える外からのサプリメントとして捉え、是非、今日から少しずつでも「入浴」を取り入れた一日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 今日からできちゃいますので、是非やってみてくださいね!


次回は、「入浴」時でも簡単にできる「ストレッチ」をご紹介!、
お楽しみに!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。