Wellness Report No.6【リラックス方法について】

こんにちは。
LAPI HOLI-ラピホリをご訪問いただき、ありがとうございます。
緊急事態宣言が出てから2週間強が経ちました
なかなか無い状況でストレスを感じてる方も多いかと思いますが、皆さんはどうでしょうか。
様々な方面で、おうち時間を工夫して、楽しんでらっしゃる方がいる一方で、商店街や観光地には多くの人が、、、等、屋外ならば、近場ならばいいだろう、都会でなければいいだろう、で外出をされている方々のニュースを目にします。
とても複雑な気持ちになりますよね。


皆様はいかがお過ごしでしょうか。

最近、オンオフの切り替えが上手くできず、中々リラックスができないとおっしゃる方がチラホラ、、、相談される事が増えてきました。
そこで、今回はLapidem tokyo Spaのセラピストに教えてもらった良いリラックス方法を特集します!

セラピストに尋ねたところ、Lapidem tokyo Spaに通って下さるお客様からもこのようなご相談を受ける事が増えたようで、日本いや世界中で悩まれてることなんだろうなと感じてます。
きっとこのLAPI HOLI-ラピホリ-を読んで下さっている方の中にも同じようなお悩みをお持ちの方がいらっしゃると思います。


そこで、今回は「手軽で簡単、お家でできるリラックス方法」についてお伝えできたらと思います!

【目次】

1.リラックスできないのは何故?
2.ストレスを放置しているとどうなる?
3.お手軽、簡単、おうちでできるリラックス方法とは?
4.こんなリラックス方法はNG!
5.まとめ


1.リラックスできないのは何故?

そもそもなぜ、リラックスできないのでしょうか。
リラックスできない最大の理由は「ストレス」です。
(ストレスは身体の80%を構成しているタンパク質を傷つけるというお話は、Wellness Report No.3入浴についてでやりましたね、気になる方は是非読んでみてくださいね)

私たち現代人は常に緊張やストレスにさらされている上に、今は、会社で仕事、自宅はプライベートときちんと分けられていたのがこの自粛によって、だいぶ混在してしまってると思います。
通勤の数十分は切替スイッチとしての効果もあったんですね。
今は、空間も時間も同じになる事でリラックスのギア入らなくなっているのです。
心や身体が緊張やストレスに対抗するには、自律神経の中の「交感神経」を活発に働かせておく必要があるのですが、いつも緊張やストレスにさらされているといざ休息を取ろうとした時に「交感神経」がまだ優位な状態のままになっているため、リラックスできなくなってしまいます。
また、その緊張やストレスに身体が慣れてしまう事で、リラックスすることを身体が忘れてしまっているという場合もあるんです。
そして、ついには、リラックスする事を忘れてしまうと、いつもどこかしら身体のどこかに力が入った緊張状態で過ごすことになり、骨格や筋肉が歪んでしまい、ますます自律神経に悪影響が・・・
ずっとリラックスできない状態になっている人は、なんかしら脳や自律神経のバランスが崩れてしまっている可能性が高いかもしれません。


どうですか?リラックスできていますか?


2.ストレスを放置しているとどうなる?

知らず知らず体に悪影響を及ぼすストレスや緊張、、、ストレスを溜めたまま放置しているどうなるのでしょうか。

・余計にストレスを溜めやすい体質になってしまう
・心と体のバランスを崩し、体調不良になりやすくなる
・やる気やモチベーションの低下を引き起こす 
・疲れが抜けず、身体に残ってしまうようになる
・睡眠へ悪影響を及ぼすようになる
・肩こり、頭痛、腰痛の身体的症状に表れるようになる・・・等

このように心身の不調を引き起こします。
この見えない敵をやっつけるには、常日頃からのリラックスが大切だという事がよく分かります。

しつこいですが、リラックスってとっても大切なんですね。


3.お手軽、簡単、お家でできるリラックス方法とは?

それではここで「お手軽、簡単、お家でできるリラックス方法」を幾つかご紹介致しますね!

【道具ゼロでその場でできる事】

①背筋を伸ばして瞑想する
背筋を伸ばして、瞑想をすることにより呼吸を整え、副交換神経を優位に。
脳の疲れや日々の緊張から解放されやすくなります。
呼吸法はこちら

②軽い運動をする
先日ご紹介したストレッチやヨガで凝り固まった筋肉を解すことで、体を楽にしながらリラックスとストレス解消へ繋がります。
おすすめのストレッチはこちら

【携帯一つでできる事】

③癒しの音楽を聴く
ヒーリングミュージックやクラシックにはα波と呼ばれる心と身体がリラックスしているときに発生する脳波が出やすくなります。
癒しの音楽を聴いてみるのも◎

④感動する動画や映画を観て涙を流す
涙を流すことで自律神経に影響を与え、ストレス解消ができリラックス出来ます。
泣いた後、スッキリし、心が軽くなる経験をされた方も?!

【ひと手間でできる事は】

⑤暖かいハーブティーなどを飲む
ハーブティーの香りでリラックスに導き、ハーブ自体で心と身体の不調に効果をもたらします。
おすすめのハーブスチームはこちら

⑥ストレスになっていることをノートや紙、手帳に書き出す
書き出すことにより、ストレスになっている事が整理でき、客観的に考えることが出来るようになります。
日記を付けてらっしゃる方はそこに合わせてもいいでしょう。

あとは、声を出して笑う!や、おうちの中でお気に入りの場所=なんか好きな場所を作る!とかも簡単でいいと思います!


4.こんなリラックス方法はNG!

逆にリラックス方法としてNGなのは・・

・寝る前の飲酒
結構いらっしゃると思いますが、お酒を飲んで寝るとすぐに眠れるような気がします。寝付きは早いですが、レム睡眠の周期が安定せず脳と身体の完全な回復が見込めません。という事は、次の日の目覚めや気分がすっきりしない=睡眠の質を悪くしているのです。
もしお酒を飲んで寝たい方は寝る3時間前までにするといいでしょう。

・好きなものを好きなだけ食べる
好きなものを好きなだけ食べることがリラックスに繋がります。
ただ、人によって食べ過ぎてしまったという罪悪感に苛まれ、後で後悔?!これがかえってストレスなることも。
食べる際は程々の量をよく噛んで召し上がってみて下さい。

・ストレスが溜まっているときのドライブ
気分転換にもなるドライブ。
ただ、精神疲労が溜まっていると集中力の低下や、注意力が散漫になりやすいため、事故を起こす可能性が高いと言われていますので、ストレス蓄積中は避ける事をオススメします。


5.まとめ

いかがでしたでしょうか。
どこかに行ったり、何か道具が必要だったり、といった方法ではないので、是非、今からでもおこなって頂けたらと思います。
このような状況にならずとも、大なり小なりストレスを抱えている方が大半だと思いますし、無縁になるのはなかなか難しいですよね。

昔からストレスと上手く付き合いましょう!と言いますが、ストレスを感じたり、抱えてしまってるなぁと思ったら、放置せず、解消する!を心がけるようにしていきましょう!積極的に!
因みに私は②の軽い運動が自身のリラックス方法です。

リラックス方法も千差万別なので、これが絶対効くとは言い難いですが、本日のご提案もご提案以外も、、
色々やってみて「気持ちいい~!」「心地いい~!」「スッキリするー!」「落ち着くー!」等、自分の心が喜ぶ事を率先してやってみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。